家庭用脱毛器が合う人

脱毛にはいくつかの種類があり、定期的にメンテナンスをすることが苦にならないならばカミソリで剃ることが一番簡単な方法になります。体毛の薄い人ならば毛を剃れば1か月間は発毛がなかったり、ほとんど目立たないことも珍しくはありません。

家庭で脱毛の処理

また黒ではなく色素を抜いて透明にしたりすることで、腕や脚の毛を目立たなくする方法もあります。除毛クリームは体表の毛を溶かしますし、テープを皮膚に貼って脱毛する方法もあるのです。

根本的に発毛を抑える方法は脱毛器を使うことが、一番有効な手段になります。
脱毛器から照射される光が皮膚内側の毛根細胞を作る組織に届き、発毛がし難い状態を作るのです。

1度だけでは効果がなくても、繰り返し行うことで毛が生えなくなったり細くなり目立たなくさせる効果があります。照射のエネルギーの強い医療脱毛では、同様に発毛抑制効果がありますが、美容目的よりも強い医療脱毛ではより少ない回数で脱毛効果を期待出来るのです。

家庭用脱毛器はプロユースの美容用や医療用よりも出力が弱く、脱毛効果が落ちてしまうことが一般的になります。体毛の薄い人や他の方法と組み合わせて脱毛する人には合いますが、より完璧な脱毛を望んでいる人には効果が薄いと言わざるを得ません。

医療脱毛が合う人について

医療脱毛は高い効果がある代わりに、出力が高く専門的な知識を有した人でないと使用に危険がある場合もあります。
医師の監督下で施術を行わなければならないために、美容クリニックでも医師が常駐したり巡回をして教育と監督を行わなければなりません。

医療脱毛は美容を主な目的として使われますが、使い方を間違えると視力に悪影響を与えたり皮膚火傷などを起こす危険があるのです。

医療脱毛の施術を受ける場合には、施術者も患者も目を保護するゴーグルを装着したり、顔にタオルを載せるなどの保護が必要になります。

体表にはコールドクリームを塗って火傷を防ぎ、一か所に照射する時間をコントロールしなければなりません。
だからクリニックで研修を行ったり、スキルを磨くなどの毎日の地道な努力も必要になります。

美容の研修

 

家庭用脱毛器が合わない人や効果を感じられなかった人も、医療用脱毛を受ければ体毛を目立たなくさせることが出来ます。
前述したように出力が強く、美容目的のモデルよりも高い効果を有しているからです。

費用的には高額な傾向にありますが、短時間で効果があり時間の節約も出来るメリットがあります。
費用対策効果として最初から医療脱毛をした方が、トータルの金額が安くなることもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)